menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

新入社員でやる気が出ないと感じるなら、まずこれをやろう!

[記事公開日]2015/03/27
[最終更新日]2020/11/09

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今回は仕事の人間関係に注目したいと思います。

 

 

仕事においても、様々な場面で人間関係は存在します。

 

取引先の相手との人間関係。

職場内の人間関係。

 

その時々によってとるべき対応も変わりますし、

それが原因でストレスをためこんでしまうこともあります。

 

私はぬいぐるみ心理学を提供しながら、

どんな人間関係においてもストレスのかからない方法をお伝えしています。

 

仕事においては表面的な人間関係に終始することもありますから、

いかに上手く関係を築けるかは重要になってきます。

 

さて、今回は新入社員の方で、

仕事に対してやる気がでないと感じる方向けに記事を書きます。

 

仕事にも慣れて来たが、どうもやりがいを感じられない。

なかなか仕事を任せてもらえず雑用ばかりになっている。

上司によって言ってることが違い混乱している。

 

理由は様々あるでしょう。

 

 

もちろん、仕事は生きていく上で大きなウエイトを占めるでしょうから、

どのような形で働くかは個人の自由であるとも言えます。

 

ですが、やる気が出ない状態のまま、

漫然と毎日が過ぎていく状況は非常にもったいないと言えます。

 

ぬいぐるみ心理学を提供する身としては、

人間関係において、やる気が出ない状態でもやっておいた方が良いこと。

 

これをお伝えしたいと思います。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

相手も自分も気持ち良い人間関係を

 

 

仕事の内容については、次第にやりがいのあるものを任されていくでしょう。

 

新入社員の内にやっておいた方が良いこととしては、

職場の人間関係を円滑に進めていくことです。

 

どんなにやりがいのある仕事ができる職場でも、

人間関係でストレスを抱えてしまえば台無しです。

 

その上で大事になってくるのは、

相手も自分も気持ちよい関係作りです。

 

相手に合わせて自分を演じることもできますが、

それだと自分自身に大きなストレスがかかってきます。

 

食事や睡眠、病気など、様々な形でストレスはいずれ表面化します。

 

一方で、自分を出しすぎて相手のことを考えなければ、

今度は相手がストレスを抱えることになります。

結果として、「あの人は自分勝手だ」などと言った悪評につながります。

 

そこで大事なことは、自分らしさも出しつつ相手のことも尊重する。

そんな「中間地点」を見つけていくことです。

 

これができれば人間関係が非常にスムーズになります。

 

 

お互いが気持ち良いと感じる関わり方を、相手によって見つけていく。

これこそが、「中間地点」の関わり方です。

 

最後に

 

発表 人前で緊張しない方法 画像

 

中間地点を見つける上ではまず第一に、

人間関係における自分らしさのパターンを知る必要があります。

 

これを知らずに相手に合わせようとすれば、

自分ばかりがストレスを抱え込んでしまう関係になります。

 

そのために、たとえば私であればぬいぐるみ心理学を提供しています。

ぬいぐるみとの記憶をひも解く中で、人間関係のパターンを導き出します。

 

ぬいぐるみ好きかどうかは関係なく、パターンは導き出せるので、

興味のある方はブログ下部の無料講座を申し込んでください。

 

では、本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事