menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

インナーチャイルド診断!どれくらい悩んでいるのかチェック!

[最終更新日]2022/04/19

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回はインナーチャイルドについて取り上げます。

 

インナーチャイルドに関する相談は、

私のもとにもよく届きます。

 

子供時代に自分の気持ちを抑えてしまったり、

悩み苦しんだ記憶や感情のことを、

インナーチャイルドと呼んでいます。

 

インナーチャイルドが癒せないと悩み、

日常生活に影響が出ている人もいます。

 

「インナーチャイルドの影響を受けているのでは?」

 

この様な疑問を抱きつつ、

実際の所どうなるのかわからずにいる人もいます。

 

そこで今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

インナーチャイルドのチェック法をまとめます。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

インナーチャイルドのレベルを診断する方法

 

「インナーチャイルドに悩んでいるのか?」

 

「どれくらいインナーチャイルドに悩まされているのか?」

 

インナーチャイルドのレベルを診断する方法があります。

 

インナーチャイルドに悩まされる原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

インナーチャイルドに悩まされている場合、

その背景には自信のなさがあります。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

もし自信のある状態で生きていれば、

インナーチャイルドの影響を乗り越えていけます。

 

たとえインナーチャイルドが出てきた時も、

自分と向き合い行動に移していけるのです。

 

ですが自分に自信が持てていないと、

インナーチャイルドの影響を受け続けてしまうのです。

 

あるいは自信が持てていないと、

インナーチャイルドに悩まされる原因を他者に求めてしまいます。

そして子供時代の記憶が影響しているので、

原因を親に求める人は多いです。

 

「こんな状況になったのは親のせいだ」

 

たとえばこの様に親のせいにしても、

現状は一向に変わりません。

 

もちろん親にも原因はあるでしょうが、

親を変えることはできません。

 

自分の人生を生きているのは、

他でもない自分自身です。

 

自信のなさと向き合い行動することで、

インナーチャイルドは克服できます。

そして私は12個の質問に答えるだけで、

自分の自信のなさの度合いを診断する心理テストを開発しました。

 

先ほどもお伝えした様に、

インナーチャイルドに悩まされる原因は自信のなさです。

 

診断した自信のなさのレベルは、

インナーチャイルドに悩まされるレベルとも言えるのです。

 

「どれくらいインナーチャイルドに悩んでいるのかを知りたい」

 

もしこの様に思われた場合は、

自信のなさ診断をやってみてください。

 

インナーチャイルドがネガティブな影響をもたらす

ここまでの話をまとめると、

子供時代に受けたネガティブな影響が、

大人になっても影響を及ぼしているのです。

 

何かに挑戦する時、

友達や同僚や恋人と関わる時など、

さまざまな場面でネガティブな影響を思い出してしまいます。

 

「自分らしさ」という言葉がありますが、

インナーチャイルドの影響を受け続けると、

自分らしい人生を歩めないのです。

 

しかも私たち人間は大人になるほど、

周りにどう見られるかを気にする様になります。

 

これは発達心理学の分野で言われているのですが、

周りを気にすれば自分の気持ちを出しにくくなります。

 

ただでさえ自分の気持ちを抑えやすくなるのに、

インナーチャイルドの影響も受けてしまえば、

余計に自分を抑えて日々を過ごすことになります。

 

インナーチャイルドに悩まされても、

幸せな毎日は待っていないのです。

 

まとめ

確かに子供時代の経験でインナーチャイルドは形成されます。

 

ですが生まれた時は誰でも自分らしく振る舞えていました。

 

生まれながらの性格ではなく、

後天的に身についたものなので、

誰でもインナーチャイルドを克服できます。

 

インナーチャイルドに悩まされる原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合うことで、

インナーチャイルドの影響を手放せる様になります。

 

インナーチャイルドの克服法については、

こちらの記事で詳しく解説しています。

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事