menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

恋愛における自信の持ち方をぬいぐるみ心理学で解説!

[記事公開日]2015/05/20
[最終更新日]2020/11/09

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

さて、以前に仕事における自信の持ち方を、

ぬいぐるみ心理学を踏まえて解説しました。

 

これについて早速反響があって、

なかには「恋愛についても教えて欲しい」というものまで…

 

このブログでもいくつか記事を紹介していますが、

やはり恋愛についてのニーズは高いのですね。

 

カップルはもちろん夫婦まで、

命ある限り一緒に居続けるわけですから、

当然気になってくるテーマでしょうね。

 

 

さて、この記事は冒頭に紹介した仕事の記事を読んでいることが前提です。

 

というのも、結局のところは仕事でも恋愛においても、

自信の持ち方に対する考え方の根本は同じだからです。

 

以前の記事を読み、あなたなりに恋愛に応用する。

これだけでもあなたの悩みは解決します。

 

ただ、今回は恋愛特有の現象について、

自信が持てないと感じる方のためにも解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

恋愛だからこそ、自信がないと感じやすい

飛び込み営業 辛い 画像

お客さんの中にも、こうした人がいます。

 

仕事や友達関係ではそのままの自分を自然と出せる。

でも恋愛になると、とたんに上手くいかなくなってしまう。

 

付き合っても関係が深まらず別れてしまう。

あるいは恋人に浮気をされてしまう。

こんな内に、すっかり自信を無くしてしまうのです。

 

いったい恋愛に限って、

どうしてこのような自体が起きるのでしょうか?

それは恋愛が、一生のパートナーを決めるプロセスだからです。

 

 

結婚すれば、命ある限り一緒にいるわけです。

当然、表面的な関係ではストレスがたまりますよね?

 

ぬいぐるみ心理学を提供して来て確信したのは、

人は無意識の内に、恋愛において素の自分を出そうとします。

 

 

「わかって欲しい!」

「もっと本音を伝えたい!」

こうした想いが無意識の内に言動ににじみ出てしまうのです。

 

だからこそ、時にはブレーキがきかなくなって、

相手と衝突することもあります。

 

 

また、関係を続けることを最優先に考えてしまうため、

素の自分を抑えて相手に合わせ続けてしまうこともあります。

 

 

恋愛だからこそ、自信のなさを感じやすくなる。

これは覚えておいて下さい。

 

だからこそ、以前の記事でも紹介したことが大事になってきます。

 

 

自信を持つという概念自体が存在しない。

ありのままの自分を出せば、自然と自信がついてくる。

 

最初の内は特に意識しながら実践してください。

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事