menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

遠距離の彼氏の気持ちがわからない時はどうすべきか?

[記事公開日]2015/04/18
[最終更新日]2020/11/09

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

私はぬいぐるみ心理学を使って、

人間関係に関する様々な悩みに乗ってきました。

 

それこそ、今回の記事のタイトルにある様に、

恋愛相談についても豊富に乗ってきました。

 

恋愛であっても、人間関係という意味では同じ。

ぬいぐるみ心理学が効果的に使えるんです。

 

今回は遠距離恋愛にテーマをしぼっていきます。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

彼氏の気持ちがわからない時はどうすべきか?

 

遠距離恋愛を続けている人だからこそ、

こうした悩みが起こりがちです。

 

何より、物理的な距離が離れているからこそ、

直接彼氏の気持ちを確認できません。

 

電話やメール、LINEをしたとしても、

本心がわからないと感じる気持ちは理解できます。

 

だからといって、

あまりにも深く問い詰めるのは逆効果です。

 

それこそ、不安からストレスもたまりますし、

依存や束縛といったネガティブな一面も現れます。

 

彼氏もプレッシャーを感じて、

「何だか居心地が悪いな…」

と距離が離れてしまいます。

 

確かに、彼氏の気持ちがわからないのは不安でしょう。

ですが、ここまでお伝えした様に、

一番マズいのは不安を彼氏に見せすぎることです。

 

彼氏が束縛されていると感じれば、

あなたと関わりたくないと思われかねません。

信頼すること

カップル お揃いのもの 心理 画像

これが一番の方法です。

 

彼氏に求めすぎてしまうからこそ、

彼氏もあなたに居心地の悪さを感じてしまいます。

ただ、彼氏が自分を思ってくれていると信じれば良い。

何も見返りを求めず、ただ信じれば良いのです。

 

あなたが彼氏に期待をしたり、不安を抱けば、

彼氏にプレッシャーがかかってしまいます。

 

「彼氏はいつでも自分を思ってくれている」

心からそう思えた瞬間、

遠距離であったとしても、深いつながりを感じられます。

 

そのための方法の1つとして、ぬいぐるみ心理学があります。

 

興味を持った人は、まずはブログ下部にある、

「無料講座」に申し込んで下さい。

自然と彼氏を信頼するための本質的な方法をお伝えします。

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事