menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

繊細さに悩むのをやめたい!原因と克服法を徹底解説!

[最終更新日]2022/06/28

こんにちは、伊庭和高です。

 

「繊細な性格に悩んでいる」

「繊細さに悩まされるのを抜け出したい」

 

こうした声は年齢や性別を問わず、

私の元に多く届いています。

 

仕事でもプライベートでも、

繊細さが強くなるほど生きづらさを感じます。

 

必要以上に疲れてしまったり、

ネガティブな感情に襲われやすくなります。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

繊細さに悩むのをやめる方法をお伝えします。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

繊細さに悩み続ける原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

繊細さに悩み続けてしまうのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば繊細さに振り回されません。

 

繊細な一面と上手く付き合っていけるのです。

 

ですが自信のなさに直面した時ほど、

繊細さに苦しんでしまうのです。

 

また私は、自分の自信のなさの度合いを診断する心理テストを開発しました。

 

12個の質問(二択)に答えるだけで、

自信のなさをどれだけ感じているかが判明します。

こちらも合わせてやってみてください。

 

「具体的にどんな自信のなさがあるのか?」

 

繊細さに悩まされる人には、

大きく3つの自信のなさがあります。

 

どれか1つに当てはまることもあれば、

複数に該当することもあります。

 

周りの目を気にしている

「嫌われたらどうしよう…」

「怒られたらどうしよう…」

「変な風に思われたらどうしよう…」

 

この様に周りの目を気にするほど、

繊細な一面が出て来ます。

 

自分の気持ちを抑えたり、

周りの様子を伺う様になってしまうのです。

 

自分の振る舞いが気になったり、

周りの話に敏感になってしまいます。

 

自分ではなく相手のことを先に考えると、

繊細さが強くなりやすいのです。

 

周りに合わせがち

また繊細さに悩む人ほど、

周りに合わせがちです。

 

無理して周りに同調したり、

良い子を演じやすいのです。

 

気疲れも感じやすくなり、

人間関係に苦手意識が生まれやすいのです。

 

「自分は間違っているのでは…」

「相手の発言が正しいのでは…」

 

この様に相手が正しいと思い込みやすいのは、

繊細さに悩む人の共通点だと言えます。

 

失敗するのが怖い

「間違えたら…」

「上手くいかなかったら…」

 

この様に失敗を怖がる人ほど、

繊細さが強まってしまいます。

 

「できない」

「難しい」

「わからない」

 

こうした言葉が浮かびやすくなり、

行動に移すのに時間がかかりすぎてしまうのです。

 

確かに失敗を怖がっていれば、

実際に行動して失敗しないでしょう。

 

ですが同時に成功もしないので、

自分が望む人生が送れないのです。

 

その意味では失敗を怖がることが、

最大の失敗だと言えます。

 

繊細さは幼少期にきっかけがある

実は繊細さに悩んでしまうのは、

幼少期の経験が影響を与えています。

 

生まれた時は周りを気にせず、

自分らしく振る舞えていました。

 

泣きたい時に泣き、

笑いたい時に笑い、

欲しい物は欲しいと主張していました。

 

ですが成長する中で少しずつ、

周りを気にして自信のなさを感じる様になったのです。

 

また私たちにとって親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親との関わりが影響して、

繊細さが強まることもあるのです。

 

「親の顔色を伺っていた」

「親の前でも気を使っていた」

「親も繊細な人だった」

 

たとえばこうしたケースだと、

子供にも影響が出てしまうのです。

 

繊細さに悩み続けるのはつらい

繊細さに悩み続けるのはつらいです。

 

付き合う相手や環境が変わっても、

人間関係は続きます。

 

繊細さに悩まされる状況は、

この先も続いてしまうのです。

 

ですが繊細さに悩むのはやめられます。

 

自信が持てる様になるほど、

繊細さと上手く付き合っていける様になるのです。

 

繊細さに悩むのをやめる方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

繊細さに悩むのをやめる方法を解説します。

 

2ステップを繰り返し実践することで、

繊細さを克服できる様になります。

 

自分で自分の気持ちを声に出す

まず最初のステップが、

自分の気持ちを声に出すこと。

 

繊細さに悩んでしまう人ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず頭の中で考えを巡らせているのです。

 

私たち人間の脳は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まると言われています。

 

私の著書『ストレスフリー人間関係』でも解説していますが、

一説では1日に考えることの9割が、

ネガティブな内容だと言われています。

 

つまり頭の中で考えるほど、

ますます繊細になってしまうのです。

 

周りの目が気になったり、

失敗を怖がったりするのも、

頭の中で考えている時です。

 

いきなり誰かに伝えなくて良い

ここでのポイントが、

「まず自分で声に出すこと」

 

心の声を実況中継するイメージで、

ぶつぶつと独り言をつぶやくのです。

 

いきなり誰かに吐き出す必要はないですし、

むしろ間違った声の出し方です。

 

いきなり誰かに吐き出すほど、

「気持ちをわかって欲しい」と思います。

 

不満や愚痴をこぼしやすくなり、

相手が次第に嫌な気分になるのです。

 

「また同じ話だ…」

「自分で何とかしてよ…」

 

この様に思われてしまえば、

相手との関係が悪化してしまいます。

 

まずは自分で声に出すことを、

ぜひ意識していきましょう。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

ぬいぐるみと意識して関わるほど、

繊細さを早く手放せる様になります。

 

「どうしたいのか?」と問いかける

そして自分の気持ちを声に出したら、

「どうしたいのか?」と問いかけます。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

繊細さに悩む人ほど、

自分を主語にして問いかけていません。

 

自分以外の誰かのことを先に考えてしまうのです。

 

「した方がいい」

「しなきゃいけない」

「するべきだ」

「してあげる」

 

たとえば上記の言葉は、

相手のことを先に考える時に出て来ます。

 

「どうしたいのか?」と問いかけ、

自分を主語にして問いかけることで、

周りを気にせず行動できる様になります。

 

繊細さを克服するためには、

「どうしたいのか?」という問いかけは不可欠です。

繊細さに悩まされる状況は、

環境を変えて何度も繰り返されます。

 

ネガティブな気持ちも生まれやすく、

幸せな未来につながらないのは確かです。

 

繊細さに悩まされる原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合いながら、

2つの方法に取り組むことで、

繊細さに悩むのはやめられます。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事