menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

怒られるのが怖い人の末路は3つ!自信のなさが原因です

[最終更新日]2022/10/06

こんにちは、伊庭和高です。

 

怒られるのを怖がる人は、

年齢や性別を問わず多くいます。

 

過去の私もそうでしたが、

怒られるのを怖がるほど、

自分を出せなくなってしまいます。

 

仕事でもプライベートでも、

苦しい状況が生まれるばかりです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

怒られるのが怖い原因と心理を解説します。

 

その上で現状を好転させる方法を、

独自の切り口でお伝えします。

ぬいぐるみ心理学無料講座

怒られるのが怖い人の末路

 

怒られるのを怖がり続けると、

どんな未来が待っているのか?

 

3つの結末が待っていますが、

どの結末も幸せなものではありません。

 

相手の顔色を伺い続ける

怒られるのが怖いのは、

怒られる相手の存在が前提です。

 

「怒られないかな…」

「気を悪くしたらどうしよう…」

 

この様に相手の顔色を伺い続けてしまいます。

 

相手の顔色を伺い続けるのは、

気を遣って疲れてしまいます。

 

ストレスも溜まりやすく、

人間関係に悩み続けてしまうのです。

 

自分の気持ちがわからなくなる

怒られるのを怖がるほど、

自分の気持ちがわからなくなります。

 

意見が出てこなくなり、

何がしたいのかも見えなくなります。

 

当たり障りない言葉は発せても、

自分の気持ちがこもらないのです。

 

「何を言いたいのかわからない」

「本心が見えない」

 

この様に言われることもあり、

生きづらさを感じる様になります。

 

ストレス発散に走り続ける

怒られるのを怖がり続けると、

ストレスを溜め込んでしまいます。

 

自分の気持ちを抑えているので、

我慢した分だけモヤモヤするのです。

 

そして限界を迎えた時に、

ストレス発散をしてしまいます。

 

暴飲暴食に走ったり、

ネットサーフィンをしたり、

恋愛ばかりを求めたり、

ゲームをやり過ぎたりと、

現実逃避をしてしまうのです。

 

怒られるのが怖い根本的な原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

怒られるのを怖がるのも、

自分の自信のなさが根本原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば怒られるのを怖がり続けません。

 

相手の顔色を伺わず、

堂々と振る舞える場面が増えます。

 

ですが自信が持てずにいると、

言いたいことを我慢したりと、

まず相手の顔色を伺う様になります。

 

結果としてストレスも溜め込み、

現実逃避に走りやすくなります。

 

怒られるのを怖がっても怒られることはある

そして冷静に考えてみれば、

怒られるのを怖がっても怒られることはあります。

 

怒られるのを怖がる姿を見て、

相手がしびれを切らずこともあるのです。

 

一度目で怒られることがなくても、

繰り返す度に相手もイライラします。

 

怒られるのを怖がっていても、

怒られることはあるのです。

 

つまり怒られるのを怖がっても、

幸せな未来は待っていません。

 

怒られるのが怖いのを克服する方法

先ほどもお伝えした様に、

怒られるのを怖がる原因は自信のなさです。

 

自信のなさと向き合うことで、

怒られるのを怖がることがなくなります。

 

相手の反応を気にせず、

自分の気持ちに正直に振る舞える様になるのです。

 

怒られるのが怖いのを克服する方法は、

こちらの記事で詳しく解説しています。

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事