menu

ぬいぐるみ心理学


恋愛で気疲れしない3つの方法<今すぐ自然体な自分でいられるには>

[記事公開日]2017/04/20
[最終更新日]2018/10/14

 

 

こんにちは、伊庭和高です。

今回は恋愛と気疲れについて取り上げます。

 

恋愛で気疲れしてしまう

 

 

一緒にいて一番居心地良い存在。

それがパートナー。

 

それこそ結婚すれば、

命が続く限り一緒にいるわけですからね。

 

 

ですが一番安心できる関係性なはずなのに、

どこか相手に気を使ってしまう。

 

一緒にいて楽しいはずの時間も、

どこか疲れてしまう。

 

恋愛で気づかれしてしまう状態を、

何とかして脱したいと思う人は意外と多いです。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

恋愛で気疲れしてしまう原因

 

 

ではどうして、恋愛で気づかれしてしまうのでしょうか?

 

まず一番の原因は付き合う前。

相手に良く見えようと自分を演じていれば、

付き合ってからも良い自分を演じ続けてしまいます。

 

 

「本当は繊細なのに、どこか強い自分を演じていた」

「付き合ったから、繊細な自分も受け止めて欲しい」

 

相手からしたら驚きますよね。

繊細な姿ではなく、強い姿に惹かれて付き合ったわけですから。

 

 

もちろん付き合う前ですので、

多少の気は使うでしょう。

 

ですが良く見える自分を演じ過ぎると、

付き合ってからも、そして結婚してからも、

良い自分を演じ続けなければいけません。

 

 

嫌われたくない

 

 

次に考えられるのが、「相手から嫌われたくない」気持ち。

 

関係が深まれば深まるほど、

相手から嫌われることを恐れ、

相手のことを気づかう様になってしまいます。

 

それが続けば、当然ながら気疲れもしますよね。

 

 

嫌われたくないと感じる傾向は、

付き合う際に上下関係を意識してしまったり、

相手の存在が大きくなりすぎてしまった方に多い傾向です。

 

 

恋愛で気疲れしない3つの方法

 

 

私はぬいぐるみ心理学を通して、

自信がない自分から卒業する方法をお伝えしています。

 

今回のテーマに当てはめれば、

恋愛で気疲れしてしまう自信のない自分から卒業する方法になります。

 

 

では、具体的にどうすれば気疲れしなくなるのか。

ここでは3つの方法を紹介します。

 

 

方法1:まずは自分の気持ちを声に出す

 

 

相手に気疲れし、心の中で我慢し続けると、

突然感情が爆発してしまうことがあります。

 

爆発した感情を相手に伝えれば、

相手とケンカになる可能性もあります。

 

そこでまずは独り言で構いませんので、

今の気持ちを声に出すことです。

 

不安や寂しさといった、いわゆるネガティブな感情も含め、

まずは何も考えずに声に出して見ることです。

 

 

方法2:どうしたいのかを問いかける

 

 

ひと通り声に出してみたら、

自分はどうしたいのかを問いかけてみてください。

 

 

恋愛で気疲れしてしまう原因は、

「相手のことを考えすぎてしまうこと」です。

 

相手がどう思うかではなく、

まずは自分がどうしたいのかを問いかけること。

 

ここに答えがあります。

 

相手を気にせず自分がどうしたいのかを問いかける方法。

これはぬいぐるみ心理学でお伝えしているのですが、

大事なことは相手のことを一切気にしないこと。

 

まずは自分の気持ちに正直になることです。

 

 

方法3:相手に本音を伝える

 

 

ここまで完ぺきにできたら、

いよいよ相手に本音を伝える時です。

 

 

当たり前ですが、

自分が本音を伝えないと、相手も本音を伝えてくれません。

 

「私が思っていることを察して欲しい!」

逆の立場になれば、無理だということがわかるでしょう。

 

 

しっかりと本音を伝え、

その上で相手の本音を受け止める。

 

この繰り返しが、気疲れしない関係性を作り上げます。

ぬいぐるみ心理学無料講座

関連記事

ぬいぐるみ心理学無料講座
ぬいぐるみ心理学物語

ご依頼・お問合せ