menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

ひねくれた性格は家庭環境に原因アリ!親との関係も影響

[最終更新日]2022/06/14

こんにちは、伊庭和高です。

 

「ひねくれた性格をしているのを何とかしたい」

 

こうした声は私の元にも寄せられます。

 

「素直でなく性格が歪んでいる人」

「性質・考え方などがねじれて素直でない人」

 

「ひねくれ者」と辞書で調べると、

この様な意味が出てきます。

 

言われたことを素直に受け止められない…

 

素直に行動に移せない…

 

「素直ではない」というのがポイントです。

 

素直ではない状態が続いても、

幸せな未来が待っていないことは確かです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点から、

ひねくれた性格を作り出した背景を詳しく解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

ひねくれ者の2パターン

「ひねくれた」とひと口に言っても、

ひねくれ者には2つのパターンがあります。

 

1つ目が、普段からひねくれていること。

 

仕事やプライベートなど、

様々な場面でひねくれた言動を取ってしまいます。

 

一方で2つ目が、大事な時だけひねくれた言動を取ること。

 

普段からひねくれているわけではありません。

 

意見を求められたり、

何かに挑戦する時など、

大事な場面でひねくれてしまうのです。

 

どちらのパターンに当てはまっても、

ひねくれ続けるほど物事は上手くいかなくなります。

 

人間関係が悪化したり、

やりたいと思ったことをやれなくなります。

 

ひねくれた性格の原因

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

ひねくれた性格を取ってしまうのは、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があればひねくれる必要はありません。

 

物事を素直に受け止め、

自分が望む行動を取れる様になります。

 

一方で自分に自信が持てずにいるから、

ひねくれた言動を取ってしまいます。

 

素直に受け止められなかったり、

いじけた言動を取ることもあります。

 

つまり自信の有無が、

ひねくれた言動を作り出す分かれ目なのです。

 

幼少期の家庭環境に原因がある

私たちの自信のなさは、

幼少期の経験から形作られます。

 

生まれた時から自信のない人はいません。

 

成長するにつれ周りの反応を気にし、

自信のなさが生まれてしまうのです。

 

つまり幼少期の家庭環境が、

ひねくれた言動に影響を与えているのです。

 

また私たちにとって親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

「親の顔色を伺っていた」

「親が厳しかった」

「親もひねくれていた」

 

たとえばこうした場合は、

子供にも影響が及びやすいのです。

 

ただし見方を変えれば、

生まれた時からひねくれた人はいません。

 

実はひねくれているのは、

生まれ持った性格ではないのです。

 

後天的に身についたものなので、

誰でも今から現状を変えられるのです。

 

ひねくれたままだとどうなるのか?

ひねくれたままでも生きてはいけます。

 

ただし幸せな未来が待っていないのは確かです。

 

人間関係で素直になれなければ、

多くの問題を引き起こしてしまいます。

 

大事な場面で本音が伝えられなかったり、

余計なひと言を伝えてしまうこともあります。

 

もしやりたいことがあっても、

「やりたくない」と正反対の気持ちを抱くこともあります。

 

自分が求めているはずなのに、

自分から遠ざけてしまうこともあるのです。

 

どうすれば自分を変えられるのか?

先ほどもお伝えした様に、

ひねくれた言動を取る原因は自信のなさです。

 

生まれ持った性格ではないので、

誰でも今から現状を変えられます。

 

自分に自信が持てる様になれば、

ひねくれず行動できる様になります。

 

ひねくれた言動を改善する方法は、

別の記事で詳しく解説しています。

合わせて読んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事