menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

劣等感が強いのは親との関係に原因がある!心理背景を解説

[最終更新日]2022/07/12

こんにちは、伊庭和高です。

今回は劣等感について取り上げます。

 

仕事でもプライベートでも、

劣等感に悩まされる人は多いです。

 

劣等感を抱き続けても、

幸せな未来が待っていないのは確かです。

 

マイナス思考が増大し、

前向きな気持ちも生まれません。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

劣等感が強い原因と克服法を解説します。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

なぜ劣等感が強くなるのか?

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと伝えています。

 

劣等感が強くなるのも、

自信のなさが根本原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば劣等感に悩まされません。

 

一時的に劣等感を抱いても、

気持ちを立て直せる様になります。

 

ですが自信が持てずにいると、

必要以上に劣等感に悩まされてしまいます。

 

「具体的にどんな自信のなさがあるのか?」

 

劣等感が強いと悩む人には、

大きく2つの自信のなさがあります。

 

周りと自分を比べている

そもそも劣等感とは、

誰かと自分を比較して生まれるものです。

 

「あの人に比べて自分は…」

「後輩の方が仕事ができる…」

「友達はみんな結婚してるのに…」

 

この様に周りと自分を比べて、

劣等感を強めてしまうのです。

 

周りと比較するのに終わりはありません。

 

周りと比較し優劣感を抱けても、

別の誰かと比較し劣等感を抱いてしまいます。

 

周りと比べる意識を変えない限り、

劣等感に悩まされ続けてしまうのです。

 

完璧主義

実は完璧主義の傾向がある人は、

劣等感に悩まされやすいです。

 

完璧にやらないとと思えば、

できていない点に意識が向きます。

 

「自分はできない」

「まだ足りない」

 

こうした意識が生まれやすく、

結果的に劣等感を感じてしまうのです。

 

たとえ周りから評価されても、

本人が完璧主義の癖を直さない限り、

人生において劣等感が付きまとうのです。

 

また私は、完璧主義の度合いを診断する心理テストを開発しました。

 

12個の質問(二択)に答えるだけで、

完璧主義にどれだけ悩んでいるかが判明します。

こちらも合わせてやってみてください。

 

生まれた時から劣等感が強い人はいない

そもそも生まれた時から、

劣等感が強い人はいません。

 

劣等感が強い赤ちゃんなど、

どう考えても存在しないのです。

 

ですが成長するにつれて、

自信のなさを感じ劣等感が生まれるのです。

 

周りと自分を比べたり、

完璧主義の傾向があるのも、

幼少期から大人になるまでの経験が影響しています。

 

発達心理学の分野では、

小学校低学年頃から周りと自分を比べ始めると言われます、

 

学校では成績で評価もされるので、

嫌でも同級生と比較してしまうのです。

 

親との関係にも原因がある

また私たちにとって親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親との関わりで自信のなさが生まれ、

劣等感が強くなることもあります。

 

「親にダメ出しばかりされていた」

「親の顔色を伺っていた」

「親も劣等感が強かった」

 

たとえばこうした場合は、

子どもにも悪影響が及びます。

 

ですが先ほどもお伝えした様に、

生まれた時から劣等感が強い人はいません。

 

生まれ持った特性ではなく、

後天的に身についたものなので、

誰でも今から現状を変えられます。

 

劣等感が強いのを抜け出す方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

劣等感が強いのを抜け出す方法を解説します。

 

2つの方法を順に実践することで、

劣等感に悩まされなくなります。

 

自分の気持ちを声に出す

まず最初の方法が、

「自分で自分の気持ちを声に出すこと」

 

劣等感に悩まされている時ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず頭の中で考え込んでしまうのです。

 

私たち人間は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

一説では1日に考えることの中で、

9割がネガティブなものだと言われています。

 

頭で考えるほど劣等感が強まり、

負のループに陥ってしまうのです。

 

どんな気持ちも、まずは声に出して受け止めること。

これが劣等感を手放すポイントです。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座で解説していますが、

意識してぬいぐるみを活用することで、

劣等感を手放せる様になります。

 

自分を主語にして問いかける

自分の気持ちを声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけます。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

劣等感が強い人ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

自分よりも先に相手のことを気にして、

自分の気持ちを抑え込んでしまうのです。

 

周りと自分を比べている時ほど、

自分がどうしたいかは出てこないのです。

 

また劣等感に悩まされるほど、

「どうしたらいいのか?」と思い続けてしまいます。

 

自分を主語にして問いかけることは、

劣等感を手放す上で不可欠です。

劣等感に悩まされているならば、

その状況は今すぐ改善する必要があります。

 

劣等感を抱き続けても、

幸せな未来が待っていないことは確かです。

 

仕事でもプライベートでも、

人生が望まない方向へ進んでしまいます。

 

劣等感に悩まされる原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合い、

2つの方法を実践することで、

劣等感が強いのを克服していきましょう。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで6年間で2000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事