menu

ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

カッとなるのをやめたい!2つの方法を今すぐ実践!

[最終更新日]2022/08/23

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回は人間関係において、

よく寄せられる相談を取り上げます。

 

「ついカッとなってしまう」

 

年齢や性別を問わず、

こうした声は多いです。

 

気まずい関係になってしまったり、

自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

 

カッとなったところで、

長い目で見て良いことはないのです。

 

今回はぬいぐるみ心理学の視点で、

カッとなる原因と克服法を解説します。

 

なぜカッとなってしまうのか?

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだとお伝えしています。

 

カッとなってしまうのも、

自分の自信のなさが原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば自分の気持ちをコントロールできます。

 

ついカッとなることなく、

落ち着いて物事に対処できます。

 

ですが自分に自信がないから、

その場の感情に流されてしまうのです。

 

「具体的にどんな自信のなさがあるのか?」

 

代表的な自信のなさを3つ紹介します。

 

痛い所を突かれた

自分でも気づいているものの、

痛い所を突かれたと感じる場合、

カッとなってしまうことがあります。

 

カッとなることで、

これ以上の指摘を避けようとしているのです。

 

自分の弱みや自信のなさを、

悟られない様にしているとも言えます。

 

その意味では自分を守るために、

カッとなっているとも言えます。

 

思い通りの反応じゃなかった

思い通りの反応をしてくれない時に、

カッとなってしまうことがあります。

 

予想していない反応が返って来たり、

思ったほど喜んでくれなかったりすると、

怒りの感情をぶつけてしまうのです。

 

ですが相手の反応は相手次第で、

コントロールすることはできません。

 

その意味ではカッとなってしまうのは、

相手に求め過ぎている状態だと言えます。

 

攻撃されたと思い込んだ

相手に攻撃されたと思い込み、

カッとなり対抗しようとする人もいます。

 

相手の言動がキツかったり、

ダメ出しをされたりして、

自分が攻められていると思い込むのです。

 

反発してカッとなることで、

相手に反撃している状態です。

 

ですが相手も良い気はしませんし、

結果的に対立が深まるだけです。

 

カッとなっても悩みは解決しない

先ほどもお伝えした様に、

カッとなる原因は自信のなさです。

 

どれだけカッとなっても、

悩みは解決に向かいません。

 

その場をやり過ごすことはできても、

場面を変えて同じ悩みを繰り返してしまいます。

 

人間関係が悪くなったり、

同じ問題を繰り返したりと、

幸せな未来は待っていないのです。

 

自信のなさと向き合いながら、

カッとなる自分を変えていく必要があります。

 

カッとなるのをやめる2つの方法

 

次にぬいぐるみ心理学の視点で、

カッとなるのをやめる方法を解説します。

 

2つの方法を実践することで、

カッとならずに行動できる様になります。

 

自分の気持ちを声に出す

最初の方法が「自分の気持ちを声に出すこと」

 

カッとなる時ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず頭の中で考える癖があります。

 

私たち人間の脳は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

一説では頭で考える事柄のうち、

90%がネガティブな内容だと言われています。

 

頭の中で考えるほど、

怒りが増幅しカッとなってしまうのです。

 

まず自分で気持ちを声に出せば、

相手にカッとなることもなくなります。

 

どんな気持ちでも良いので、

まずは自分の気持ちを声に出すことが、

現状を好転させる第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

意識してぬいぐるみに触れることで、

自分の気持ちを声に出しやすくなります。

 

「どうしたいのか?」と問いかける

そして声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけること。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

カッとなる時ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

自分より先に相手のことを考えてしまうのです。

 

相手にどう思われるかを気にしたり、

相手に反撃しようとしてしまうのです。

 

この様に周り基準で行動してしまうので、

自分がしたいことがわからなくなっているのです。

 

「どうしたいのか?」という問いかけは、

カッとなるのをやめる上で不可欠です。

カッとなるほど、

良い方向には進みません。

 

相手との関係が悪化したり、

同じ課題を何度も繰り返してしまいます。

 

イライラした気持ちも増大し、

自己嫌悪に陥ってしまうのです。

 

カッとなる原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合い、

2つの方法を実践することで、

現状は今から変えることができます。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決するための有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4,000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログには、今では500以上の記事があり、月に60,000以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事