menu

短気な人は幼少期に原因がある?心理背景と解決策まとめ

[最終更新日]2023/05/28

 

こんにちは、伊庭和高です。

 

「短気な性格に悩んでいる」

 

年齢や性別を問わず、

こうした声は私の元によく届きます。

 

仕事でもプライベートでも、

短気だと上手くいきません。

 

チャンスを逃したり、

人間関係が悪化したりと、

良い未来は待っていないのです。

 

今回はぬいぐるみ心理学において、

短気な人の原因や心理背景を解説します。

 

なぜ短気になってしまうのか?

 

短気になってしまうのは、

3つの原因があります。

 

どれか1つに当てはまることもあれば、

複数に該当することもあります。

 

自分を守っている

実は短気になることで、

自分を守っている人もいます。

 

短気な姿を見せれば、

周囲は反論しにくくなります。

 

余計に怒らせたら面倒だと思わせ、

意見を言いにくい雰囲気にできるのです。

 

弱みをさらけ出さなかったり、

痛い所を指摘されないので、

自分を守ることができます。

 

ただし短気になることで、

人間関係は悪化します。

 

一時的に自分を守れても、

長い目で見ればデメリットばかりです。

 

支配欲求がある

「自分の思い通りにしたい」

「自分の意見をわからせたい」

 

この様に支配欲求がある人ほど、

何かあると短気になります。

 

相手をコントロールしようとして、

怒り出しているのです。

 

短気になることで、

自分の気持ちをわかってもらおうとしています。

 

怒られるのを怖がっている人や、

依存的な人であれば、

支配欲求を叶えることもできます。

 

ですが短気が癖になり、

ストレスを抱え込んでしまうのです。

 

自分の気持ちが整理できない

短気になるということは、

感情をそのままぶつけている状態。

 

自分の気持ちが整理できないからこそ、

カッとなりやすいのです。

 

衝動的に動いてしまうので、

問題も起こりやすくなります。

 

ですがワンクッションを置けず、

そのまま感情を表現してしまうので、

すぐに気が荒くなるのです。

 

短気の根本原因は自信のなさ

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだとお伝えしています。

 

短気になってしまうのも、

自分の自信のなさが根本原因です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

自信があれば短気にはなりません。

 

自分の気持ちを受け止め、

冷静に振る舞えるのです。

 

自分を守っていたり、

支配欲求が出てくるのも、

自信のなさが背景にあります。

 

幼少期にキッカケがある

私たちの自信のなさは、

幼少期の経験が影響しています。

 

生まれた時から自信がない人はいません。

 

泣きたい時に泣き、

笑いたい時に笑い、

誰もが自信を持って振る舞えていました。

 

ですが成長する中で、

自分に自信が持てなくなるのです。

 

また私たちは親との関係が、

すべての人間関係のスタートです。

 

親と関わる中で自信が持てなくなり、

短気になってしまうこともあります。

 

「親に怒られがちだった」

「親が気持ちをわかってくれなかった」

「親も短気だった」

 

たとえば上記の場合だと、

子供にも悪影響が出てしまいます。

 

短気は今から変えられる

ただし先ほどもお伝えした通り、

生まれた時から自信がない人はいません。

 

生まれ持った性格ではなく、

後天的に身についたものなので、

誰でも今から短気は克服できます。

 

ぬいぐるみ心理学において、

短気な自分を変える方法は2つ。

 

順番に実践することで、

現状を変えることができます。

 

自分の気持ちを声に出す

最初の方法が「自分の気持ちを声に出すこと」

 

短気な人ほど、

自分の気持ちを声に出していません。

 

声に出さず、頭の中で考える癖があります。

 

私たち人間の脳は頭の中で考えるほど、

ネガティブ思考が強まる習性があります。

 

ネガティブに考えるほど、

感情が整理できなかったり、

自分を守ろうとしてしまうのです。

 

どんな気持ちでも良いので、

まずは自分で自分の気持ちを声に出すことが、

短気な自分を変える第一歩です。

 

ちなみに自分の気持ちを声に出す上では、

ぬいぐるみを活用するのが効果的です。

 

詳細は無料メール講座でも解説していますが、

意識してぬいぐるみに触れることで、

自分の気持ちを声に出しやすくなります。

 

「どうしたいのか?」と問いかける

そして声に出した後は、

「どうしたいのか?」と問いかけること。

 

「どうしたいのか?」の主語は自分自身。

 

短気な人ほど、

自分を主語にして問いかけられていません。

 

自分より先に相手のことを考えてしまうのです。

 

相手の反応が気になり、

ついカッとなってしまいます。

 

「した方がいい」

「するべきだ」

「しなきゃいけない」

「して欲しい」

「してあげる」

「させたい」

 

たとえばこれらは自分を主語にできておらず、

相手のことを先に考えている状態です。

 

相手の反応が気になったり、

相手を思い通りにしようとして、

短気な一面が出てしまいます。

 

「どうしたいのか?」という問いかけは、

短気な自分を直すために不可欠です。

短気は性格ではなく、

後天的に身についただけなので、

今から変えられます。

 

短気なままでは、

幸せな未来が待っていません。

 

常にストレスを抱え、

人間関係も悪化したりと、

良いことは何もないのです。

 

短気の根本原因は自信のなさ。

 

自信のなさと向き合い、

2つの方法を実践することで、

今から現状は変えられます。

 

「自信のなさとは何なのか?」

 

「どうすれば自信が持てる様になるのか?」

 

詳細は無料メール講座でも解説しているので、

合わせて学んでみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

千葉県千葉市出身。
2人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から50体以上のぬいぐるみがある部屋で育つ。
早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
人間関係の悩みを根本から解決する有効な手法として、ぬいぐるみ心理学という独自の理論を開発。
これまで7年間で4000名以上のお客様にぬいぐるみ心理学を提供。性別・年齢・職業を問わず多くが効果を実感しており、日本全国はもちろん、世界からも相談が後を絶たない。
2014年10月から始めたブログは、今では850以上の記事があり、月に11万以上のアクセスがある。
受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版(増刷)。Amazonおよび全国書店にて販売中。