menu

ぬいぐるみ心理学公式サイト


ぬいぐるみ心理学無料メール講座 自信を持って自分の意見が言える9つのヒケツ

好きじゃない人と付き合うのはしんどい!根本原因は自信のなさ

[記事公開日]2020/12/17

こんにちは、伊庭和高です。

 

今回のテーマは恋愛

私のお客様からも恋愛の相談はよく受けます。

 

その中でも最近特に多い相談は、

「好きじゃない人と付き合う」というもの。

 

「恋愛は好きじゃないと付き合わないですよね?」

 

この様に思われる人もいますが、

好きじゃなくても付き合うことはできてしまいます。

 

そして多くの場合、

好きじゃないけど付き合ってしまうと、

苦しく満たされない恋愛をしてしまうのです。

 

過去の私も経験がありますが、

好きじゃない人と付き合うのは正直しんどいのです。

 

ぬいぐるみ心理学無料講座

好きじゃない人と付き合う理由

なぜ好きじゃない人と付き合ってしまうのか?

 

様々な理由があると思いますが、

相手に言い寄られてOKを出してしまうこともあります。

 

自分は好きじゃないけれど、

相手に一方的に言い寄られて、

「まぁ付き合ってみるか」と思ってOKを出すこと。

 

まだ自分に好きな気持ちがないのに、

付き合い始めてしまう典型例です。

 

もちろん付き合う内に好きになることもありますが、

そうでなければ短期間で別れることもあります。

 

一緒にいても楽しくないですし、

相手だけテンションが上がっている状態にも違和感を覚えるでしょう。

 

寂しさを埋めるために付き合う

好きじゃないけど付き合う人に多いのが、

寂しさを埋めるために付き合うこと。

 

自覚の有る無しにかかわらず、

心の中で寂しさを感じる様になり、

つい恋愛に走ってしまうのです。

 

「1人でいるよりは誰かといた方がいいから…」

 

「誰もいないよりは恋人がいた方がマシだから…」

 

こうした理由で付き合ってしまうのです。

ちなみにこの場合、

恋愛だけでなく人間関係でも同様の傾向が見られます。

 

寂しさを埋めるために友達と会ったり、

メールやLINE等で連絡をとってしまうのです。

 

ちなみに寂しがり屋度の診断テストを作成しました。

自分の寂しがり屋度を診断したい場合は、ぜひやってみてください。

 

満たされない気持ちを恋愛でごまかす

寂しさや不安や孤独感を感じてしまう時ほど、

心の中に満たされない気持ちを抱えています。

 

仕事で上手くいかなかったり、

人目を気にして気を使いすぎていたり、

自分の気持ちを抑えていたり、

 

理由は様々ですが、

満たされない気持ちが増大するほど、

恋愛で満たそうと考えてしまうことがあります。

 

自分の気持ちを満たすためには、

好きじゃない人であっても付き合うことがあるのです。

好きじゃないけど寂しさから付き合う心理については、

別の記事でも詳しく解説しています。

 

満たされない気持ちを埋めるための恋愛は、

本当のところ恋愛ではないのです。

 

好きじゃなくても付き合ってしまいますし、

長い目で見れば不安定な気持ちを抱え続けます。

 

もし好きじゃない人と付き合い結婚してしまえば、

生きている限りずっと一緒にいることになります。

 

これは正直苦しいですよね…

 

幸せな恋愛をするために必要なこと

好きじゃない人と付き合っても、

決して幸せにはなれません。

 

好きだと思える人と付き合うから、

幸せな恋愛を実現できます。

 

そのためには、

寂しさを埋める恋愛を卒業することです。

 

寂しさの正体は依存心ですが、

依存心が出るほど恋愛を求めすぎてしまいます。

 

根本原因は自信のなさ

私はぬいぐるみ心理学において、

すべての悩みの原因は自信のなさだと解説しています。

 

好きじゃないけど付き合ってしまうのも、

根本原因は自信のなさです。

 

自分に自信が持てていないから、

満たされない気持ちを抱え込んでしまいます。

 

寂しさや不安や孤独を埋めようとしてしまうのも、

自分に自信が持てていないからです。

 

「自信のなさとは何なのか?」

「恋愛と自信の関係性は何なのか?」

 

など詳しい話は無料メール講座でも解説していますが、

自分に自信が持てれば幸せな恋愛ができる様になります。

 

望まない恋愛に走らない予防法

そしてぬいぐるみ心理学でオススメなのが、

「自分で自分の気持ちを声に出すこと」

 

好きじゃないけど付き合ってしまう人の多くが、

自分の気持ちを声に出さず心の中でため込んでしまいます。

 

心理学では心の中でため込むほど、

ネガティブ思考が増大してしまうと言われています。

 

ネガティブ思考が増大するほど、

寂しさや不安や孤独を感じやすくなり、

つい恋愛に走ってしまいそうになります。

 

どんな気持ちも心の中でためこまず、

自分で声に出しながら受け止めること。

 

これが習慣にできれば、

望まない恋愛に走ってしまうことを防げます。

好きじゃない人と付き合う状況は変えられます。

 

根本原因の自信のなさと向き合い、

自分で自分を満たせる様になるほど、

恋愛で自分を満たそうとすることはなくなります。

 

寂しがり屋の特徴は別の記事で詳しく解説していますが、

寂しさを募らせるほど望まない恋愛に進んでしまいます。

 

好きじゃない人と付き合う恋愛から卒業し、

幸せな恋愛を実現できる様にしていきましょう。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

このコラムの執筆者

伊庭 和高

伊庭 和高(いば かずたか)

         

早稲田大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。
在学中は教育学、コミュニケーション、心理学に専念する。
「子供がぬいぐるみにほぼ100%素の自分をさらけ出す」という理論を受け「大人もぬいぐるみに本心をさらけ出しているのでは」と考え、その考えを証明する研究を探すがなかったため、独自で研究を始める。
まずは100人にぬいぐるみとのエピソードを話してもらい、まとめていくうちに、「ぬいぐるみ心理学」という独自の理論を考案する。
日本全国から来た1,500人以上の受講者とぬいぐるみ心理学を通して実践的な関わりを続け、それぞれの「望む未来」の実現の手助けをしている。
2020年4月、ついに1冊目の著書『ストレスフリー人間関係〜ぬいぐるみ心理学を活用してあなたの人間関係の悩みを活用する方法〜』を出版。Amazonおよび全国書店にて販売中。

     

関連記事